中古パソコンにはどんなデメリットがあるのか?

中古パソコンは、新品パソコンに比べるとコストパフォーマンスが高く、性能もいい物が安く利用できます。
しかし、いいところばかりではないという点もありますのでそれについてを紹介していきましょう。

■選択肢が狭まる
当然ですが、中古パソコンというのは誰かが以前利用していたものに限られます。
ともなれば、新品パソコンのように同じ物を何台も生産しているわけではありませんので、市場に出回っている物だけに限定されます。
だから、一点物であり機種の種類がそれほど多いわけではないんですね。
なので、パソコン選び自体がとても限定されます。

■キズなどがあることもあります
当然ですが、前に利用していた人がいるので日焼けやキズ、キートップの摩耗などがあることもあるでしょう。
ノートパソコンはキーボードの入れ替えをすることができないので、キーの摩耗は避けられない問題だと言っていいでしょう。
とはいえ、これらは基本的に外観的な問題でしかないので実際の利用の問題にはなりません。

■使えない機能もある
新品パソコンに比べると、やはり機能などで使用できない物というのも出てきますね。
特に、容量の多さやタッチ機能だとか、付属品の多さなどでは新品に軍配が上がってしまいます。
とは言え、これらも外付けでどうにかなることが多いのであくまでパソコン単体で見た問題でしかありません。

■まとめ
基本的に、中古パソコンのデメリットというのは実用性においてはそれほど問題にならないところばかり、ということです。
あくまで、パソコンを利用する際に機種や外観などにこだわる人にとってはちょっとした意識的な問題がある、というだけなので実用性重視な人には関係のない問題であることが多いですね。